スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お星様は輝いていますか?

ふと、NICUを卒業し小児科から在宅へ向かった子のブログをのぞく
何ヶ月ぶりだろう
読み返しているうちに涙が出てきた
あの頃まだ呼吸器を見始めてしばらくの頃だったか
きっと頼りない若い看護師でさぞかし現役ベテラン看護師のママには不愉快だっただろう
それでもアホなことから深刻なことまで話してくれたママ
削除してしまったので記事には残っていないけど
あのときの私の気持ちはママの力になれたでしょうか
ママとH君からは命の尊さと力を教えてもらったんだ
NICUから小児科へ転床する日
受け持ちができて本当に嬉しかった
だって、私がH君を小児科に連れて行く役目ができるんだよ
役得役得、修正の受け持ちからもヨロシクネ!!って言われてたもんね
なんて思い出したり

ブログの中にお星様になったあの子のことがでていた
あの日
深夜をしていて救急外来から外来カルテの依頼電話が来た
退院したばかりなのに
妙な胸騒ぎがした、でも、まさか
直後に当直をしていた循環器担当のDrが慌てて救急に降りていった
嫌な予感は当たってしまった
あの日、あの後、お星様になった
キラキラ キラキラ
病院で頑張ってるあの子達を見守っていてくれていますか?
キラキラ輝いてる
どのお星様がR君かな

神様は残酷で
誰かの犠牲の上に誰かの幸せが成り立っていて
私の幸せも誰かを犠牲にして
私が犠牲にしていることが誰かを幸せにしているのだろうか
私は幸にも不幸にもできる
ミスをしなければいいだけじゃない
自分の行為全てが成長発達にどう影響するのかなんてわからない
自分の言葉がどれだけ家族に影響を及ぼすのだろう
それでも
わらっていてくれるなら
それでいいのかもしれない
スポンサーサイト
1

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。