スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棚からぼたもち

20時チョット前
20:10発のぞみ91号に乗って帰るか
それとも帰らないでいるか
ウダウダ考えていたときのこと

出発時間に急ぐ行きかう人ごみのなかで
黒い財布が床に落ちた
ものすごく時間がゆっくり過ぎたようだった
いわゆるスローモーションで見えるみたいな
誰も拾わないから
拾った
きっとこれも一瞬のことだったかもしれない
落とし主と思われるおっちゃんに声をかけたけど
聴こえなかったと思われる
改札を通ってしまうので
急いで追いかけたけど
改札で進めんで手がすかった
私も動揺して叫ぶとかそんなことも思いつかず
おっちゃんは行ってしまった
駅員さんに財布の落し物を伝える
自分の出発時間も迫ってきた
サインちゃんは入場券持ってないから1人で駅員さんと事務室にいく
イロイロ泣きそう
中身みてなかったから駅員さんと一緒に確認して頭真っ白になる
札束が見える・・・(((( ゚Д゚;))))

諭吉が33枚
$紙幣が10枚くらい
キャッシュカード
よくわかんない本人のものではない名刺が数枚
クレジット明細票

おっちゃん!帰りどーされるんですか!!!
でもクレジットの明細票もあるし持ち主は見つかるだろう
サインちゃん合流する
ムダに動揺する2人
とりあえず連絡先書いて新幹線に乗る
私もその後のことはよくわからない
持ち主見つからなかったらクレジットカードつかえないなー
と思いながらしばらくドキドキしてたら新幹線で初めて酔った
あー別れ際がカップルの時間じゃなかったな
オワタ

先ほど知らない電話番号からかかってきた
普段知らない番号には出ないのだが
家のことで電話?とか思いながら出てみる
全然知らない人だ
「実は」
といわれたときに
「あぁ!!財布の方ですね!!」
ということで
持ち主さんが見つかった
ヾ(*´∀`*)ノ
全額オレのものにならなかった
なんて思ってません
「礼金は1割といわれたので3マンを」
といわれたけど、別に持ち主さんが財布見つけれたならそれでいいと思ったので
断ったけど現金書留で送りますみたいな押し問答が続いたので
もらえるものはもらっとく
棚ボタで3万降って沸いた

財布拾った時点でしめしめと懐に入れてしまうほど腐った根性してなくてよかったと思った
やんなかった自分が偉いぞ(笑

スポンサーサイト
1

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。